きもちのけいぞく

ウィンドウ越しに、手を繋ぎ歩く老夫婦を見た。
幸せそうな光景と裏腹に、愛することの容易さと
愛し抜くことの難しさが脳裏をよぎった。

時として一番近くにいるひとが、疎ましく思えることもあるけれど
与え続けてくれた優しさがぼやけてしまったとき
心の中にあるメガネをそっと取り出す用意だけは
いつもしておきたいものだ。
[PR]
by tai925 | 2006-04-06 10:25


<< じぶんのようりょう かんちがい >>