<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

かぎりあるいのち

十年と少し前まで、自分や自分の家族や自分の周りの人たちの「死」についてなんて考えた事もなかった。丁度12年前の春に「僕はこのまま死ぬんじゃないか?」って実感したあの日までは・・・・・・


その出来事の2年前婆ちゃんを老衰で亡くした時でさえ、86歳まで生きられた婆ちゃんの事を天寿をまっとうしたんだって考える事で無理に自分を納得させてた。

その日の夜出かけた先から帰って、いつものようにごろごろと横になりながらTVを見てて、数年前から感じてたこめかみの辺りを引っ張られるような違和感を感じながら、布団にもぐりこんだ。

寝付けなくて、寝返りをうった瞬間だった。バチーン!と頭の中に音をたてて今までに、味わった事のない衝撃が走った。

次の瞬間上から下から垂れ流しの状態に陥り、そのショックで呼吸困難に陥っていた。

その頃ボクは離れで一人で暮らしていた為に周りには誰もいなかった。そんな中今までの人生の中で経験をした事がないような苦痛に襲われ、自分の中で生死に関わる大変な事が起きている事に気付いた。

ただ心のどこかではそれを受け入れる事が出来ない自分がいて、嘔吐物で薄汚れた格好のまま、鏡のところまでは這っていって一生懸命に手の平を動かしていた。

なんでそんな事をしたかと言うと、脳に障害が起きたなら体が動かなくなるんじゃないかって思ったからに他ならない。

だから体が動く事で自分自身に「大丈夫だ!」「心配ない!」「死んだりなんかしない!」と一生懸命言い聞かせていたように思う。

ただやがてその頑張りも風前の灯って感じたのが、呼吸が苦しくなるのとともに、体にシビレを感じ出した時、「いよいよボクも終わりかなぁ」って観念せざる得ない状況に陥った。

ただ体の自由が利くうちに何とかしなけりゃと思ったボク、ほふく前進のような格好で、母屋の玄関までなんとか辿り着いてそのボクを見て飼い犬が吠え出した事で、母が玄関まで出てきて這いつくばっている息子を見つけたという事なんだけれど、その時、母が僕に対して放った言葉が

「またこんなに酔っ払うまで呑んで!いい加減にしなさいよ!」

それに対して

「母ちゃん僕もうダメかもしれないよ。このまま死ぬんじゃないかな?親より先にごめんな」

だったらしい。

そこで慌てた母が救急車を呼ぼうとしたとき、ボクは制止しなんとか母の運転する車で病院に辿り着いた。地元でも一番大きな病院の救急外来にいたのが、脳神経外科の専門医で下された診断が「風邪」による頭痛と言う事で、その日は頭痛薬をいくつかもらって家へと帰された。

その日から当然のように断続的に襲う頭痛と迫り来る死への恐怖で、布団の中から一歩も出られない状況で、ましてや食事や排泄さえも出来ずにいた。

夕方になり一向に快方へ向かう様子のない息子に対して「このままでいたら大変な事になるからもう一度病院へ行くよ」と言われ、昨夜訪れた病院までの道のりの事を考えると憂鬱になった僕は、近くの総合病院に連れて行って欲しいと母に告げた。

その時に向かった病院も地元では3本の指に入るくらいの総合病院だったが、そこでの診断は「髄膜炎」で風邪の菌が脊髄に入ったんだと言われ、数時間のに及ぶ点滴の後に「脳の血管がどうかなってるみたいなんです」と言うボクの訴えも受け入れてもらえず、また帰途に付いた。

家に帰って夜を迎えても一向によくなる気配がなくって、結局夜中に意識が薄れていくのを感じたボクは、両脇に寄り添うように寝ている両親を起し、再び初日に訪れた市内で一番大きな病院に向かった。

さすがにもうその時は、このまままた帰される様な事があったら、多分もうダメだろうなぁっておぼろげながらも思っていたが、カルテを見た医師が冷酷に放った言葉が

「あなた一昨日も夜中に受診にきてますね。今日のところは鎮痛剤を飲んで安静にして、明日また出直して下さい」

とのこと、この時いよいよ母がキレてしまって

「一昨日から本人が脳の血管がどうかなってる!って訴えてるじゃないですか?この病院は検査もしてくれないんですか!もしこの子に何かあったら訴えますからね!」

と強い口調で訴えてくれた事で、ドクターも重い腰を上げ

「じゃあ一応CTだけでもとっておきますか」

という事になって、車椅子に乗せられCT室に向かう頃には、もう意識も朦朧としてしまっていた。

結局CTを撮り終えた技師が耳元で

「よく頑張ったね、君の言う通り脳出血を起してたんだけどね、たいしたことはないから、必ず先生が何とかしてくれるからね」

と言うひと言を聞いたボクは、やっと自分の訴通りで、これで何とかしてもらえるんだと言う安心感からそのまま意識をなくしていった。

家族にとってはそこからが修羅場だったようで、うわごとのように

「仕事に行かなきゃ!婆ちゃんの髪を切りに行く約束があるから」

と言って起き上がろうとしてたらしいんだけど、ショックを与えてもう一度出血を起せばTHE ENDということで、その手足をベットにくくり付けられてなお「畜生!畜生!」と起き上がろうとしていたらしい。そんなボクの姿を見て弟は「早く何とかしてあげてくれ!」と半狂乱になっていたと言う。

結局診断結果は「右即頭部大動脈瘤破裂」いわゆる「クモ膜下出血」と言うことだった。

ドクターからのオペ前の話では、手術中に出血が起れば命の保障がなく、万が一手術が成功しても何らかの障害を抱えて生きる事になるだろうとの事で、家族は最悪のケースも考えていた様だった。

結局は術後の苦痛を乗り越え、今現在に至るわけなんだけども退院してきたボクは坊主頭の見た目以上に、心に大きな変化をもたらしていた。

それまで、異次元のことくらいに考えていた「死」と言うものがいつも身近にあると認識させられた事。そして、自分の周りの愛すべき人たちの命だって同じように永遠ではないと言う事。そんな事を考えるようになってから、人との出会いの大切さを痛感した。

この先最後の瞬間を迎えた時、いい人たちに恵まれて幸せな人生だったなぁって思えるような生き方をして行きたいって思った。


なにか自分のわがままを通したいって思った時、相手の犠牲があってこそ自分のわがままが通るんだって考えると、自分の欲望だけで周りを振り回したりしたらいけないなって、最近は強く思う。

常に何かに対して怒りの感情を持ち続けて生きるより、少しでも笑顔でいようと思える自分がいる。

誰かの記憶の中に残る自分の台詞がいつもポジティブなものでありますように、笑顔でありますようにと願うようになった。

命に限りがあるのは、誰も同じなんだと思えたあの日から・・・・・・・





ps。色いろなフラッシュを見ていてついつい3年前にNetで公開していたtextを引っ張り出してきました。あの頃から少しは成長しているのだろうか・・・・・・
[PR]
by tai925 | 2006-04-28 10:47

うつわ

自分に大きな使命を科す前に
等身大の自分を知る努力をしないと
食べられちゃうぞ>青鬼に
f0103436_20352013.gif

[PR]
by tai925 | 2006-04-26 20:35

ありたろう

今朝の出勤後、いつもの様にHPにアクセス。
みんなからの誕生日のメッセージにキョトン・・・・・・

 深夜から今朝かけてのお祝いメッセージを見て
これだけたくさんの人から「おめでとう」の言葉をいただいたのは
いつ以来だろう?って考えた。

 絵的にはそれがずいぶん昔のことだったりするとドラマティックだったり
するのだけれど、案外最近だったりするのです。

 そう・・・・・・まだ真夏の暑さが抜け切らず、そしてその最後の瞬間を目に焼き付けよう
と集った人々の熱気に包まれた、万博会場からアクセスした0から行こうの掲示板で
赤バン作戦成功に対しての「おめでとう」がそれなのです。

 思えば、あの瞬間、幕を閉じ行く愛地球博に対しての惜別の念にかられ
どちらかといえば、満足感に比べて、なくしてしまう絶望感の方が大きかったと思う。

 しかしオフ会でみんなの笑顔に触れるたび、HP内で文字のやり取りを重ねるたびに
今にして思うと、あの瞬間は終わりではなく、全ての始まりだったのだなと感じる。

 あの始まりから、半年強が経過した今、これまで歩んできた人生の中
学生時代でさえ、半年という期間でこれだけステキな仲間を与えて頂けた記憶はない。
大人になるってことは、色いろな知識や経験を重ねる分だけ、複雑で難しくなる部分も
多いと思うのだけれど、本当にいい関係が築きあげられて来ていると思う。

 誕生日とはあまり関係ない話なのだけれど、こうして沢山の友達にお祝いの言葉と
気持ちを頂いたことで、逆にいつかそれをなくしてしまう恐怖を感じなくもないのだけれど
これから起りうる意見のすれ違いや価値観のずれなど、ぶつかる機会もあると思うけれど
根底に相手に対する愛情さえあれば、乗り越えてつづいてくれると信じて疑いません。




 去年の4/23を振り返ってみる・・・・・・・

 そこには愛娘出産前で浮き足立っていたボクがいて
2006年の今日、沢山の仲間という何よりのプレゼントの中で
過ごさせて頂いていることに心から感謝の気持ちでいっぱいなのです。

 誕生日ありがとうございます。
みなさんも生まれてくれていてありがとうございます。


 2006年 鯛が生まれた日
[PR]
by tai925 | 2006-04-23 10:47

くうき

空気って吸わなきゃ生きていけないものであり

読まなければ生き辛くなるものだと思ふ。
[PR]
by tai925 | 2006-04-22 11:28

いぬもくわない

帰宅後、娘を入浴させたあと、ソファーで哺乳瓶のジュースを飲ませていると
キッチンでフライパンがジュ-ジュ-音を立てていた。

「ほほぅ、なにか草を炒めているようだな」

と思っていると

「ねえ、野菜室の中にあったモヤシ知らない?」

と妻。

前日の夕飯係だったボクが、たまたま発見したモヤシは
その体から変な汁を垂らしていて、意識不明の重体だったので
懇ろに葬ったことを知らせると

「なんで捨てたの!?」

と食ってかかる妻。

妻 「モヤシ知らない?」

鯛 「腐っていたので捨てた」

妻 「そう。ありがと」

これで終わっていい様な会話なのだけれど
アナタは少しでも悪くなっていると捨てる人だから
と言いがかりをつける妻。

結果、たった30円前後のモヤシ一袋が団らんの時間を台無しに。

恐るべし、モヤシ・・・・・・

そういや、うちの妻は几帳面な人なんだけども
時々、ポカをやらかす。

以前野菜室の一番底辺から出てきた
スケルトン状態のレタスを発見した時は
見なかったことにして、そっとその場に戻したっけ。
[PR]
by tai925 | 2006-04-20 16:44

かちかん

「あまりに違う価値観と戦ってきたけどもう疲れた」

彼との別れを決意した彼女。

「そもそも価値観なんて違って当り前・・・・・・」

受話器越しに、そんな台詞が口をつきそうになったけれど
価値観の違いで別れを選んだのは、彼女の確固たる価値観
なのだと思いとどまった。

長い間、彼女が苦しんできたのは目の当たりにしていた。
当然といえば、当然の選択だったのかもしれないなぁ。

でも、きっと、ボクが知らないだけで彼も苦しんでいたんだろうなぁ
と彼の胸中も思ふ・・・・・・
[PR]
by tai925 | 2006-04-20 10:27

すなおに

相手が望んでいたものが
至極シンプルなものだったことを知る。

そんなシンプルなものさえ思い浮かばなくって
無駄に深読みをしてしまう自分にただただ愕然とし
呆れるというのを繰り返してきた自分。
[PR]
by tai925 | 2006-04-19 19:00

はぐくむ

最近つとに思うことは

ボクにとっての育児は育児ではなく

育自ということで日々、子供に育てられているのである。
f0103436_17223661.jpg

[PR]
by tai925 | 2006-04-12 17:09

ゆるす

傷は消えないけれどいつか癒える。

痛みは消えるけれど記憶には残る。

短い一生の中の大切な刹那のときを
辛さに費やすことを選択肢から外せるのは
許す気持ちがあればこそだと思う。

許せた瞬間。
既に大きな山をひとつ乗り越えているのだと思ふ・・・・・・
[PR]
by tai925 | 2006-04-12 14:25

さつえいかい

「ちょっと顎を引いてぇ~」




「そうそう!いい感じ」




「もう少しリラックスしていこうか」




「うん、いいよ~いい感じだよ」




「じゃあ行くよぉ」




「取りあえず一枚ね」




「おぉ~、なかなか綺麗だね」




「OK!OK!いいよ。問題ないよぉ」




「なかなか上手かったよ」





















取りあえず今日の段階ではポリーブ、潰瘍等は見つからなかったよ。

胃炎の薬だけ処方箋出しておくね・・・・・・

[PR]
by tai925 | 2006-04-11 20:58