すなおに

相手が望んでいたものが
至極シンプルなものだったことを知る。

そんなシンプルなものさえ思い浮かばなくって
無駄に深読みをしてしまう自分にただただ愕然とし
呆れるというのを繰り返してきた自分。
[PR]
# by tai925 | 2006-04-19 19:00

はぐくむ

最近つとに思うことは

ボクにとっての育児は育児ではなく

育自ということで日々、子供に育てられているのである。
f0103436_17223661.jpg

[PR]
# by tai925 | 2006-04-12 17:09

ゆるす

傷は消えないけれどいつか癒える。

痛みは消えるけれど記憶には残る。

短い一生の中の大切な刹那のときを
辛さに費やすことを選択肢から外せるのは
許す気持ちがあればこそだと思う。

許せた瞬間。
既に大きな山をひとつ乗り越えているのだと思ふ・・・・・・
[PR]
# by tai925 | 2006-04-12 14:25

さつえいかい

「ちょっと顎を引いてぇ~」




「そうそう!いい感じ」




「もう少しリラックスしていこうか」




「うん、いいよ~いい感じだよ」




「じゃあ行くよぉ」




「取りあえず一枚ね」




「おぉ~、なかなか綺麗だね」




「OK!OK!いいよ。問題ないよぉ」




「なかなか上手かったよ」





















取りあえず今日の段階ではポリーブ、潰瘍等は見つからなかったよ。

胃炎の薬だけ処方箋出しておくね・・・・・・

[PR]
# by tai925 | 2006-04-11 20:58

ひとのいたみ

痛みを知れば優しくなれる

痛みを知らなくても、想像する前向きさがあれば
優しくなれる。

「されて嫌なこと」

この単純な教訓をときどき都合よく忘れる自分。
[PR]
# by tai925 | 2006-04-11 09:23

じぶんのようりょう

「メモリー不足のため、このプログラムは実行できません。
いくつかのプログラムを終了してからやり直して下さい。」

なるほど、あまり欲張るなということか。
[PR]
# by tai925 | 2006-04-07 18:34

きもちのけいぞく

ウィンドウ越しに、手を繋ぎ歩く老夫婦を見た。
幸せそうな光景と裏腹に、愛することの容易さと
愛し抜くことの難しさが脳裏をよぎった。

時として一番近くにいるひとが、疎ましく思えることもあるけれど
与え続けてくれた優しさがぼやけてしまったとき
心の中にあるメガネをそっと取り出す用意だけは
いつもしておきたいものだ。
[PR]
# by tai925 | 2006-04-06 10:25

かんちがい

以前、母運転の車に父とボクとが同乗したときのこと。
信号が黄色から赤色に変わろうかという瞬間。
アクセルを踏み込み猛然と交差点に侵入した母。

助手席では、その無謀な運転に凍りつく父。
そして・・・・・・

父「オマエ!この野郎!危ない運転しやがって!黄信号の意味を
  分ってるのか!?(怒)」




母「そんなの知っとるがね!黄色は急げでしょうが!(怒髪天)」

黄色は注意なわけで・・・・・・・


そんな母ちゃん。
[PR]
# by tai925 | 2006-04-05 11:16

こころのばろめーたー

心が満たされている時は
綺麗なものが綺麗に見えて
いい話が心地よく胸に響く。

心が貧しいときは・・・・・・

そんなもの・・・・・・

だと思うのである。
[PR]
# by tai925 | 2006-04-05 09:26

にちじょう

昨日、出先から電話をかけようと思って
カバンの中を探ると、携帯電話は見つからず
なぜかテレビのリモコンが出てきたので
家に帰り、携帯電話と取り替えて一件落着だったってことは
もちろんカミさんには内緒だったりするのである。

そういや前はなぜか、探していたリモコンが冷蔵庫の
中で凍えてたこともあったよna・・・・・・
[PR]
# by tai925 | 2006-04-04 17:43